かんぽ生命「学資保険はじめのかんぽ」の特徴とレビュー

項目 概要
子供の加入年齢 0〜12歳
※プランで年齢の上限が変わります
契約者の加入年齢 18〜65歳(女性16〜65歳)
最低目標保険料 50万円(小・中・高プランの場合は祝い金分の金額が加算されます)
最高目標保険料 700万円
払込期間 12/17/18歳
※保険料を払い続ける期間
※短いほど毎月の支払いが増え、総額支払いが減る
保険期間 17/18/21歳
※満期学資金を受け取る年齢
支払い 月払い/前納払いが選択可能
最高返戻率 約97%(医療保障無し)
※月払い
※2019年時点
契約者死亡時の保証 有り
出生前契約 有り。140日前
追加オプション 無配当総合医療特約、無配当先進医療特約、無配当災害特約
※出生前の場合は特約は付けられない
その他 契約者貸付制度、契約者配当金
シミュレーター 有り >こちら
資料請求 有り >こちら
Webパンフレット 無し
Web約款 有りし >こちら
目次

プランの種類

全プランに共通してお子さんへ医療保障の特約を付けることができます。医療保障の詳細は特徴へ記載しています。

大学入学時

17/18歳満期に保険料が給付され、祝い金はありません。払込期間は17/18/12歳から選択できます。払込期間が12歳の場合はお子さんの加入年齢が6歳までとなっています。

小・中・高+大学入学時

17/18歳満期に保険料が給付されます。小・中・高の入学前の12月に祝い金が給付されます。この祝い金は目標保険料に祝い金分も加算して支払います。払込期間は17/18/12歳から選択できます。払込期間が12歳の場合はお子さんの加入年齢が3歳までとなっています。

大学入学時+在学中

21歳満期時に保険料が給付されます。大学入学である18歳から20歳まで毎年祝い金が給付されます。払込期間は18/12歳から選択できます。払込期間が12歳の場合はお子さんの加入年齢が6歳までとなっています。

払込期間と年齢上限の早見表

プラン 払込期間
大学入学時 17/18/12歳
※12歳の場合は6歳までの加入
小・中・高+大学入学時 17/18/12歳
※12歳の場合は3歳までの加入
大学入学時+在学中 18/12歳
※12歳の場合は6歳までの加入

保険料支払い例

【目標保険料】 300万
【プラン】 大学入学時
【お子さん】 0歳
【契約者】 30歳(男性)
【保険料払込期間】 18歳まで
【保険料払込方法】 月払

※保険料払込期間:その歳までに目標保険料を支払います。返戻率が高いと目標保険料より少し低い金額で支払い終わります。

月払保険料 14,640円
払込保険料総額 3,162,240円
受け取り総額 3,000,000円
返戻率 約94.9%

はじめのかんぽの特徴

郵便局(日本郵政)が運営

どこにでもある郵便局が運営しているためいつでも相談が可能です。

祝い金の無いプランが有る

殆どの保険会社のプランに祝い金がついていますが、はじめのかんぽには祝い金が無いプランがあります。

災害保障(無配当災害特約)

保障項目 概要 支給額
死亡保険金 不慮の事故での怪我により180日以内に死亡したとき 特約基準保険金額
傷害保険金 不慮の事故での怪我により180日以内に当社所定の身体障害の状態になった時 障害の状態に応じ、特約基準保険金額の10%〜100%

医療保障の傷害タイプ(無配当障害医療特約)

保障項目 概要 支給額
入院初期保険金 入院保険金が支払われる入院をした時
※Ⅱ型の場合は支払われない
1回の入院につき入院保険金日額の5倍(22,500円)
入院保険金 不慮の事故での怪我により3年以内に1日以上入院した時 入院1日あたり4500円x入院日数
※1回の入院につき120日まで
手術保険金 不慮の事故での怪我により3年以内に公的医療保険制度の医療診療報酬点数表で手術料の算定対象となる手術または先進医療に該当する手術を受けた時 【入院中の手術】入院保険金日額の20倍(90,000円)
【外来の手術】入院保険金日額の5倍(22,500円)
※創傷処理、皮膚切開術など支払いの対象とならない手術もある
放射線治療保険金 不慮の事故での怪我により3年以内に公的医療保険制度の医療診療報酬点数表で手術料の算定対象となる放射線治療または先進医療に該当する放射線照射・温熱療法を受けた時 入院保険金日額の10倍(45,000円)

医療保障の疾病・傷害タイプ(無配当総合医療特約)

上記の無配当障害医療特約に病気の時も保障されるようになる。

保障項目 概要 支給額
入院初期保険金 入院保険金が支払われる入院をした時
※Ⅱ型の場合は支払われない
1回の入院につき入院保険金日額の5倍(22,500円)
入院保険金 病気により1日以上入院した時、不慮の事故での怪我により1日以上入院したとき 入院1日あたり4500円x入院日数
※1回の入院につき120日まで
手術保険金 病気または不慮の事故での怪我により3年以内に公的医療保険制度の医療診療報酬点数表で手術料の算定対象となる手術または先進医療に該当する手術を受けた時 【入院中の手術】入院保険金日額の20倍(90,000円)
【外来の手術】入院保険金日額の5倍(22,500円)
※創傷処理、皮膚切開術など支払いの対象とならない手術もある
放射線治療保険金 病気または不慮の事故での怪我により3年以内に公的医療保険制度の医療診療報酬点数表で手術料の算定対象となる放射線治療または先進医療に該当する放射線照射・温熱療法を受けた時 入院保険金日額の10倍(45,000円)

はじめのかんぽのレビュー

かんぽ生命といえば郵便局(日本郵政)が行っている保険なので有名でしょう。郵便局で相談が可能なためどこに住んでいても相談や加入が楽な保険です。

追加の特約で災害特約・障害医療特約・総合医療特約(全て無配当)を付けることが可能できます。追加の特約の料金はプラン内容で上下しますが、だいたい2000円前後になるでしょう。そもそも子供の医療費はほとんどかからないので怪我や入院費の保障を手厚くする必要があるのかどうかご家庭で検討した方が良いでしょう。手術や入院時にボーナスとして少しでもお金をもらいたいかで判断すると良いと思います。医療保障の特約を付けると満期までに20万ほどはかかるので、将来的に20万円以上の入院・手術を想定できるのであればボーナスになると言えるでしょう。医療保障は掛け捨てですので、他に積立可能な生命保険を組んだほうがメリットが大きい場合があるので慎重に選んでください。

パンフレットやサイトでは医療保障の特約を付けることがメリットであるように見せています。医療保障が売りなのでしょうが、先述したように別途積立式の生命保険を組んだほうがメリットが大きい場合があります。この医療保障を考えないで学資保険部分を見ると他の保険会社より劣って見えてきます。

プラン内容に祝い金の無いタイプがあるので需要がありそうですが、やはり他の保険会社に比べると見劣りします。返戻率が低いわりにプランの細かな条件が自由に組めないのも評価を下げる要因になっています。

また、2019年度の高齢者に不利益な契約を結ぶ問題で話題になったかんぽ生命自体の信頼性が落ちているのも見逃せません。郵便局という市民の身近にいる立場を利用して多少荒い営業方法が横行しているようです。プランの旨味が無い事とかんぽ生命の信頼性の薄さから現状は当サイトとしてはオススメできない学資保険になっています。